デザインとは

デザイン(英語:design)は、ある対象について、良い構成を工夫すること。意匠(いしょう)。デザインを業とする人をデザイナーと呼ぶ。

[狭く限定したほうの意味のデザイン]
限定的には、設計を行う際の形、特に図案や模様を計画、配置をすることで、芸術、美術的な意味を含んでいる。
商業的なデザインを商業美術とも言う。美術を実用品に応用するため、応用美術とも言う。
産業革命の影響でデザインの意識が高まり、アール・ヌーヴォーなどの流行、バウハウスの機能主義など、常に時代の象徴を創造し続けている。その対象は、非常に多岐にわたり、さらに細分化される流れにある。デザイン界ではアーツ・アンド・クラフツ運動で生活と芸術の統一が課題になった。それを受け継いだドイツ工作連盟によって意図的に芸術と産業の統一が行われ、その重要性が認識されるようになってきた。

[広い意味でのデザイン]
デザインは日本語では「設計」にもあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきた。しかしそれだけには限らず、(多くは目的を持つ)人間の行為、をより良いかたちで適えるための「計画」も意味する。
人間が作り出すものは特定の目的に適しているよう、デザイナー(設計者)が計画するのである。
デザインの対象は、衣服、印刷物、工業製品、建築だけではなく、都市や人生計画までかかる。人が自然な動きや状態で、物や環境を使えるように設計する工学、また学問という意味においては、人の物理的な形状や動作、生理的な反応や変化、心理的な感情の変化などを研究して、実際のデザインに活かす、人間工学と共通している。考慮すべき要因には、目的を実現することに関わる全てが含まれる。機能性、実現性、経済性、社会情勢などだ。

[デザイナー個人の評価問題]
誰が計画そしてデザインしたのかという質問などに対して特定の事業は、事業は複数の事業主体と計画者、設計者が委員会等などチームとして実施されているなどで、普通は、はっきりした答えが返ることは期待できない。このことは、悪い事例はその責任の所在をわかりにくくしているとの指摘もある。優れたデザイン行為なのに個人の業務実績として評価できないことがある。
ランドスケープデザイナーのカール・スタイニッツは日本造園学会誌に寄稿した論文で、HerbertSimonのTheScienceofArtificial(1968)にある「デザインとは,現状を少しでも望ましいものに変えようとするための一連の行為である。」を引用している。
そして、背景も含めたデザインの仕事を表現するのにこの定義だけでは十分でないかもしれないとしている。それはデザインにおいては規模と大きさが常に問題となるからで、私達の仕事は,住宅の設計などの小さな規模のものから,地域環境の保全計画などの大きな規模のものまで様々なものを扱っているからとしている。
建築家でデザイナーと呼ばれるひとは、建築のデザイン(意匠)を行っている。デザイナーは建築家を兼務することもあり、建築家はデザイナーをも兼業することもある。
例として近代ではペーター・ベーレンス(20世紀ドイツの建築家、デザイナー。モダニズム建築や工業建築の分野の発展に多大な影響を与えた。彼のデザインした会社ロゴは各種のAEG製品に使用され、これがコーポレートアイデンティティの先駆けとなった。)、ヘリット・リートフェルト(20世紀オランダの建築家、デザイナー。デザイナーとしては「赤と青のいす」、建築家としては、世界遺産にも登録されているシュレーダー邸が有名である)らが挙げられる。
しかし、建築家は計画、意匠、監理までに関わるものであり、デザイナーという言葉では非常に狭い意味、狭義のデザインをするものに留まる。
日本でも近年、組織によっては(欧米式にならい)経験によって呼称を変え、「ジュニア・デザイナー、シニア・デザイナー、プロジェクト・チーフ」または「意匠設計者」や「アーキテクチュラル・デザイナー」などと称している例がある。

【デザインの語源】

デザインの語源は“計画を記号に表す”という意味のラテン語designare(デジナーレ)である。デッサン(dessin)と同じ意味だ。
つまりデザインとは、ある問題を解決するために思考・概念を組み立て、それを様々な媒体に応じて表現することと理解できる。
日本では図案・意匠などと訳されて、かつてはただ単に表面を飾り立てることによって美しくみせる行為と理解されるような社会的風潮もあった。しかし最近では語源の意味が広く理解・認識されつつある。
就職に関するキャリアデザイン、生活デザイン等だ。つまり形態に現れないものを対象にその計画、行動指針を探ることも含まれている。

【現代有名デザイナーの言うデザインとは】

ここでは現在世界的に人々に受け入れられている数々のデザインを生み出した偉人の考えを2つ見てみましょう。

まずは世界で最も著名なデザイナーの一人、iphoneの生みの親、「スティーブ・ジョブズ」。
彼の考えるデザインとはどんなことでしょうか。

“Design is not just what it looks like and feels like. Design is how it works.”

「デザインとは、単にどのように見えるか、どのように感じるかということではない。どう機能するかだ。」
スティーブ・ジョブズ

ブラウンのインダストリアルデザイナーだった「ディーター・ラムス」。
彼にはジョナサン・アイブ(イギリス人デザイナー。appleのインダストリアルデザイングループ担当上級副社長。 iMac、MacBook、iPod、iPhone、iPadなど現在の主要アップル製品のデザイン担当者)も少なからず影響を受けているそうです。彼の考えるデザインとは?

「デザインとは、橋の形を考えることではなく、向こう岸への渡り方を考えることだ」
ディーター・ラムス

つまり、形あるものの形を考えることだけでなく、
問題を解決する為の方法を考えることを主軸にとらえています。
スティーブ・ジョブズや、様々な優れたデザイナーは、
物の見た目よりも「どうしたいのか。解決するにはどんなものが最もよいか。」を重要視しているという事が伝わってくる気がします。

まず第一に実用性、そして好感のもてる姿形。

多くの人に受け入れられるデザインとは、その2つをより良いものにしていったものなのかもしれませんね。

【ウェブデザインとは】

ウェブデザイン(Web design)は、デザインの一つ。グラフィックデザイン的な要件を多く含むが、インタラクティブな要素を持つWWW(ウェブ)の性格上、工業デザインあるいは情報デザイン的なものも必要とされる。ウェブページやウェブサイトにおける視覚面(要素配置・意匠等)に対し、意匠・再構築・整理等を施すことである。ウェブデザイナーはウェブデザインを行うデザイナーである。国家資格としてウェブデザイン技能士という資格がある。2007年ころからウェブの設計技能を検定するために作られた。
ウェブアプリケーションのUI設計構築や、ウェブサイト全体の情報設計、見た目を中心とするGUIやグラフィックデザインの設計など、ウェブデザインの内容は多岐に渡る。